2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「Aチャンネル」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2010.08.04

「トーキョー・リトル・ガナーズ」1

長谷川光司・漫画、柿沼秀樹・原作、ワニブックス・刊

"柿沼秀樹"の名前が懐かしかったので買ってみました(汗)

お話は・・・近未来の日本。全国民に銃器の携帯が許可
されていた。そんなトーキョーを舞台に、凄腕少女ガン
マン(集団)"ウェンディ"が活躍する、アクションバイオ
レンス漫画
です。

読後の第一印象は・・・意外とハードボイルドな作品で
すね。「百合」要素はありますが、扱いは古くさい
言わざるを得ません。

柿沼秀樹氏と言えば、たくさんの女性キャラと少しシリ
アスなストーリーという印象を持っているのですがこの
作品もご多分に漏れず、そういう作品です。

銃器の携帯が許可された近未来の日本、という題材は
不穏な雰囲気が満ちていて、ラノベや漫画には良い題材
だと思います。

ただ、ある程度リアルな設定なのに、悪漢どもときたら
昔の漫画と同じなのです(汗)
# 「とある科学の・・・」とかも同じですが。

あと、"ウェンディ"に属する3人の女の子達の関係性も
微妙に薄くて
、昔のアニメを彷彿としますね。

「百合」的には、第4話「迷走ネットラビリンス」
注目です。
"ウェンディ"に属する、鷹取沙里衣のファンの女の子、
崎田茜が登場します。この自体に黙っておけないのが
沙里衣の仲間の安藤ミサ(「百合」ッ気あり)。

茜に苛立ったりするのですが・・・なんだか甘い対応な
のです。さらにラストでは茜はミサを好きになったり
するし・・・。

こういう変わり身の早さをオチにするのは昔の漫画っぽ
いですよね。「百合」としても薄口と思ってしまいます。

まあ、「百合」要素ありだけでも良しとすべきかもしれ
ませんが・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。うう、微妙だわ・・・
茜ちゃんは可愛いのだけれど、素直に喜べ
ないわね。ミサちゃんもプロフィールでは「百合」ッ気
アリなのに、もう少し設定を活かして欲しいわ~。

アレサ:私は2点。ちょっと懐かしい感じの作品だ
よね。シビアなシーンは今でも通用すると
思うけど、「百合」の扱いは古くさいなあ。

総評:●●○○○★★☆

« 「Aチャンネル」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/49063334

この記事へのトラックバック一覧です: 「トーキョー・リトル・ガナーズ」1:

« 「Aチャンネル」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »