2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ゆゆ式」2 »

2010.09.13

「舞-HiME COMPLETE」

やっとBD BOXを全巻鑑賞したので、感想を書きます。

お話は・・・HiMEという特殊な能力をもつ13人の少女(?)
たちが織り成す、恋と友情と戦いの物語です。

第一印象は・・・やはりこの作品は2000年を代表する
アニメ作品
と言えるでしょうね。「百合」的にも興味
深い作品です。

さすがにBDは綺麗でした。2000年台の作品なのでアップ
コンも容易だったのかもしれませんね。
(HDデジタルデータを残している可能性も高いですし)

実はBD版「R.O.D」も鑑賞しているのですが、それに比
べると無理にアップコンしている感じはほとんどない
です。

さて、作品の内容は細かく書きませんが、序盤の美少女
コメディ路線から後半のドロドロ愛憎劇まで本当に楽し
める作品だと思います。
最後の展開は賛否両論あると思いますが、個人的には
あの展開でなければ、後味が悪いだけで誰も得をしな
かったことは明白・・・だと思います。

そういう意味でも、物語性よりエンターテイメント性を
重視した2000年台のアニメらしい作品
だと思います。

ただ、今にしてみればこの作品のような女性キャラ同士
のどろどろした愛憎劇が懐かしいですよね。
2010年代の代表作と言っても良いかもしれない「けいお
ん!」
などは愛憎とは無縁ですから・・・

個人的には「けいおん!」のようなゆるい作品も嫌いで
はないですが、ゆるいだけだと、藤乃静留のような飛び
抜けたキャラ
は生まれないと思うのです。

作品は確かに「百合」をメインにしたものではないです
し、スタッフが「百合」を理解しているかどうかは不明
なのですが(続編の「舞-乙HiME」を見ると、むしろ理解
していないようなところもある)熱い心理劇がなければ
良い「百合」にはなりにくい・・・のではないか・・・
と思ったわけです。

あと、改めて鑑賞して感じたのは、意外と舞衣と命の
友情物語になっている所ですね。命はある意味ガチな
「百合」キャラと言えるかも・・・と思いました。

ちなみに、映像特典(新作)「黒の舞/最後の晩餐」
主要な女性キャラが神崎黎人に仕返しするお話(汗)
しかし、奈緒と雪之は静留をまだ根に持っている・・・
というのがちょっとブラックで面白かったです。

まあBD BOX版は入手が難しいと思うので、未鑑賞の方は
DVDをお勧めしたいですね。「神無月の巫女」と同じく
この時代の、ある意味、奇跡のような「百合」作品だと
思います。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。なつきちゃんと静留ちゃん
はガチで良いけれど、改めて鑑賞すると命
ちゃんが良かったわ~。舞衣ちゃんとの愛憎展開が切な
いのよ~。

アレサ:私は3点。いろんな意味で最初から最後で
切れずに楽しめる作品だと思う。まあ、
キャッチーな美少女キャラが多いので好き嫌いはありそ
うだけど、確かに一時代を築いた名作だよね。

総評:●●●●○★★★

以前の感想はこちら。
「舞-HiME」1「舞-HiME」4,5
「舞-HiME」2「舞-HiME」6,7
「舞-HiME」3「舞-HiME」8
「舞-HiME」9

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ゆゆ式」2 »

コメント

女同士の愛憎関係を本気で描いた作品は良いですね。互いに相手に対して本気になってるって感じられるからです。そしてコンフリクトを克服して生まれる絆ほど強くて信頼できるものはないと思います。もし克服できなければ悲劇として受け手に魅せることも可能ですし。

ところで、最近『ぐいぐいジョーはもういない』という野球百合小説が出たそうです。百合にとって鬼門のライトノベル界で、で上手くいくかどうか…

コメントありがとうございます。
★ウテナさま

>『ぐいぐいジョーはもういない』

おお!これはスゴイ!
公式ページの作者のインタビューで百合小説と
ズバリ言っていますよね。

これは楽しみ!明日探してきます。
情報感謝です!

舞-HiME COMPLETE
Zからシフルまで中原麻衣さんの声が
好きなんでシフルには出ていないけれども
全部のブル-レイを揃えたんで
少し楽しみながら一気に観賞はしないで
堪能していますね

コメントありがとうございます。
★boosukakinguさま

すみません。一瞬botかと思ってしまいました(汗)
>中原麻衣さんの声

良いですよね。「舞-HiME」の後半の演技はまさに迫真でした。
最近ドラマCDでしか声を聞く機会が少ないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/49440452

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME COMPLETE」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ゆゆ式」2 »