2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「とある科学の超電磁砲」6 | トップページ | 「ひとひら アンコール」 »

2010.10.13

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」4

お話は・・・和洋折衷の異世界?が舞台。主人公・カナタ
は音楽を習うため軍隊に志願した女の子。配属された先
は片田舎の女の子だけの小隊だった・・・という日常系?
コメディ?アニメ。本日は4巻(7,7.5話)の感想です。

鑑賞後の第一印象は・・・初めてのシリアスです。これ
でこの作品のテーマがハッキリしてきた印象ですね。
しかし、「百合」的にも限界が見えたかも。

7話。セーズの街はお盆。そんな中、1121小隊のおっと
り小隊長、フェリシアの過去が明らかになります・・・

なかなか意外性のあるエピソードで少し驚かされました。
これでやっとこの世界のことがはっきりしたように思え
ます。
個人的にも"人類の黄昏"的なテーマは好きだったので、
今後ますます作品世界に感情移入できそうに感じる
重要なエピソードですね。

7.5話は番外編。カナタとユミナ(セーズの修道女)に小
隊の密造酒が見つかりそうになります。しかしフェリシ
アは意外な提案をする・・・というコメディです。

7話のとギャップがスゴイです。色々笑わせていただき
ました。このお話は確かにTVではやれませんよね。深夜
枠でも(汗)

「百合」的には・・・やはりリオとフェリシアの仲の良
でしょうね。特に7.5話では酔っているとは言え、息
の合ったところが見られました(汗)

この作品の全体像がやっと見えて来て、「百合」的にも
全体像が見えて来たような印象です。つまり"仲間意識"
位に落ち着きそうな予感がしてきました。

ただ、リオとかはもっと深いものを持っていそうなので
そちらには期待したいですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。「百合」的には正直な所
濃くはないけれど、目の保養が多いし、意
外と熱い展開になりそうだし、まだ期待はしているわ。

アレサ:私は3点。この2話、なかなか面白かった。
この作品は「けいおん!」のような日常系
と思っていたけど、実は「ヨコハマ買い出し紀行」
軍事的緊張感を加えたような作品だよね。危うい日常系
というか。そういうバランスがとても良いと思った。

総評:●●○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」1
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」2
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」3

« 「とある科学の超電磁砲」6 | トップページ | 「ひとひら アンコール」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/49735769

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」4:

« 「とある科学の超電磁砲」6 | トップページ | 「ひとひら アンコール」 »