2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」4 | トップページ | 「Cobalt11月号特別ふろく 映画マリア様がみてる Making DVD」 »

2010.10.14

「ひとひら アンコール」

桐原いづみ・刊、双葉社・刊

演劇部に入部した・麦と仲間達の楽しくてほろ苦い青春
演劇ストーリー。本編は7巻をもって完結しましたが、
こちらはサイドストーリー集です。
後日談だけではなく、色々な時間を切り取って短編にし
ています。

読後の第一印象は・・・みんな青春してて、本当に心洗
われます・・・。しかし、「百合」的には特出すべき点
は少ない
です・・・

思えば「ひとひら」も序盤は「百合」の期待ができる
良作でしたよね。しかし、主人公の麦が2年生になり、
非常に魅力的だった先輩達が卒業して、「百合」的にも
漫画としてもテンションが落ちてしまった印象でした。

ただ、今となっては残念がっても仕方がないので、この
作品の良い点、つまり、登場人物の青春群像を楽しんだ
方が良い・・・という感じです。

まあ、いろいろなキャラのエピソードが描かれるのです
が、「百合」的には・・・
第2幕「生徒会長、頑張る」がちょっと見所です。
一ノ瀬野乃が演劇部を飛び出して、演劇研究会を旗揚げ
した際のエピソードですが、野乃に並々ならぬ感情を抱
いているらしい、榊美麗とのケンカのシーンが描かれて
います。

美麗が終始切なそうな表情で、野乃が頑固そうな表情を
している・・・という対比がとても良いですね。
この二人は「百合」的に凄く期待したものでした・・・
(実際凄く良いシーンもありましたね)

また、第6幕「ずっと一緒に」はお話の半ばで留学した
遠山佳代と麦の友情が描かれます。あくまで友情ですが
ラストにこういうエピソードがあるのは嬉しいですね。

短編では「一ノ瀬野乃のひとひら」が野乃と美麗の関係
が描かれていて興味深いです。でも、美麗ってどうして
そこまで野乃に対して特別な感情をいだいているのでし
ょうね・・・個人的にはもっと突き詰めて欲しかったで
すね。
# 「ひとひら」のサイドストーリーはまだ進行中の部分
# もあるようなので、その点に触れられることもある
# ・・・かもしれません。

他に、「百合のひとひら」「デレでひとひら」がちょ
っと「百合」ネタです・・・があくまでネタですね(汗)
(雰囲気は良いですが)

まあ、久しぶりに「ひとひら」のキャラが見られてホッ
としたような、不思議な印象でした。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。わたくしとしては野乃ち
ゃんと美麗ちゃんの後日談を期待したの
だけれど、そういう点では残念ね・・・。でもいつかは
必ず二人がデキるエピソードが読めるわ!

アレサ:う~ん。それはどうだろうね・・・
私は2点。ちょっと懐かしかったなあ。
でも・・・青春って良いなあと思わせてくれたと思う。
個人的には桐原いづみ先生の新作に期待したいな。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ひとひら」1
「ひとひら」2
「ひとひら」3
「ひとひら」4
「ひとひら」5
「ひとひら」6
「ひとひら」7
桐原いづみ作品の感想はこちら。
「ココノカの魔女」

« 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」4 | トップページ | 「Cobalt11月号特別ふろく 映画マリア様がみてる Making DVD」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/49744549

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとひら アンコール」:

« 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」4 | トップページ | 「Cobalt11月号特別ふろく 映画マリア様がみてる Making DVD」 »