2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひだまりスケッチ×☆☆☆」5 | トップページ | 「蒼穹のカルマ」5 »

2010.11.02

「ささめきこと」6

いけだたかし・作、メディアファクトリー・刊

すでに7巻が発売されていますが、6巻の感想です(汗)
↑もうほとんどテンプレです(汗)

主人公・村雨純夏と彼女の想い人、風間汐を巡る学園
ラブコメ・ガチ百合作品です。
6巻では純夏の汐の関係が大進展?!

読後の第一印象は・・・この巻、二人の関係がかなり
進展します。思わず目を疑ってしまいました(汗)

かなり長いこと、汐ってなにを考えているのか判らない
天然娘という感じだったのですが、前巻くらいから彼女
の内面に焦点が当たってきた、という感じですね。

6巻ではその流れがさらに加速します。

特に最初のエピソード、その31「思いしものを」では
純夏への感情をバクハツさせるシーンがあります。
今までにも大泣きしたことがあったのですが、その感情
が純夏へ向けられたのはかなりの進展です。

さらに、その32「鼓動」では朋絵が汐に純夏の本心を
ほのめかします。そして、汐は純夏を気にするように
なります・・・

いままで少年漫画のラブコメのように関係進展・後退を
繰り返してきたのですが、こういう展開では後退できな
いですよね。あまりに意外だったのでちょっと目を疑っ
てしまいました。

もしかして作者はもうすぐ完結させるつもり?!
・・・なのでしょうか?

ただ、6巻は番外編や特別収録作などがあり、これ以上
は進展しないのですが・・・(汗)

番外編「そのEX」は本編と同じ梅枝高校、映画部を舞台
にした短編。こちらの方が「百合姫」などの「百合」系
作品に近いノリですね。

「百合」的に濃くはないですが、作者はこういう感じも
描けたんだ・・・と思いました。
なかなかに興味深い作品です。

特別収録作「神様とダンス」は「百合」ではありません
が、作者はこうの史代氏あたりのちょっと味わい深い
少女漫画っぽい作品を目指しているかな?という感じが
しましたね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。汐ちゃんって変わったわ
ね。純夏ちゃんを意識するのだけれど、
以前と違う可愛さが出ていたと思うわ。元々思い込んだ
ら命がけ、なところがあるから今後の展開にワクワク!

アレサ:私は3点。いけだたかし先生の作風って
絵から考えると起伏のないのっぺりした
印象なのだけど、汐が見せた感情の爆発は、ギャップを
感じさせてインパクトあったなあ。
番外編や読み切りからも感じるけど、いろんな作風に
挑戦しているのかもしれないね。そういう意味でもこの
6巻は面白かった。

総評:●●●●●★★★

この作品の感想はこちら。
「ささめきこと」1
「ささめきこと」2
「ささめきこと」3
「ささめきこと」4
「ささめきこと」5
アニメ版の感想はこちら。
「ささめきこと」1
「ささめきこと」2
「ささめきこと」3
「ささめきこと」4

« 「ひだまりスケッチ×☆☆☆」5 | トップページ | 「蒼穹のカルマ」5 »

コメント

虚人ねこ様

レビュー、拝読いたしました。

本当、冒頭の汐の“爆発”には、びっくりいたしました。反面、“あぁ、こんなにも純夏の事を…”と、とても愛おしい心持ちになりました。ちなみに、56ページの汐が、特に可愛かったです。さてさて、これからの二人の展開や、如何に?

読み切り『神様とダンス』、読み始めは“何これ?”と、百合作品ではない事に、非常に違和感を感じたのですが、段々と惹き込まれて行きまして、最後にはちょっと感動してしまいました。この手のお話には、どうも弱くて…。

コメントありがとうございました。
★真誠美優さま

あのシーンは本当に、いいもの見せてもらった~と思い
ました。
感情を爆発させるシーンとか好きなので。

>『神様とダンス』

はこういう作品も描けるんだ・・・と素直に思えました。
思ったより作者の引き出しは多いんだな・・・と。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/49918841

この記事へのトラックバック一覧です: 「ささめきこと」6:

« 「ひだまりスケッチ×☆☆☆」5 | トップページ | 「蒼穹のカルマ」5 »