2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ぐいぐいジョーはもういない」 »

2010.11.14

劇場版「マリア様がみてる」

・・・さて、予告通り感想を書かせていただきます。

ご存知「マリア様がみてる」の実写劇場版映画です。
原作第1巻をほとんどそのまま映画にしたような内容な
ので、あえてストーリーには触れません。

# 長文です・・・(汗)

鑑賞後の第一印象か・・・予想の数倍は良かったです!
ただ、ほんの少し(これは自分の価値観かもしれません
が)気になったことも・・・

内容は原作1巻をそのまま実写にしたと言えると思いま
す。セリフもほとんど原作通りです。原作でグッと来た
セリフはすべて網羅されているのでは?と思います。

個人的に好きだった、柏木優にカレーライスを食べさせ
るエピソードはカットされていましたね(汗)
# これはアニメ版もそうですが。

しかし、ラストシーンが違うのです。

この改変は残念に思う方もいるかも知れませんが、個人
的には原作通りにしてボロが出るより無難だったのでは、
と思います。

しかし、ラストシーンに深く関与しているはずの蔦子さ
んは原作より存在感がありませんでしたね(汗)

公開前に気になっていた出演者の演技ですが・・・

やはり祐巳役の未来穂香さんはキビシイものがありまし
たね。しかも物語は彼女のモノローグによって進行する
ので、あのしゃべりが気になった人は多かったのでは?
と思います。
ただ、祐巳は「場違いな場所に連れてこられたシンデレ
ラガール」
という役回りだったので、個人的にはあの
違和感は物語とマッチしていたのでは?と思います。
(後半、しゃべりが良くなればもっと良かったのですが
そこまでは行きませんでした)

また、顔演技はとてもグッドでした。
それだけで祐巳という役をこなせたと思いますよ。
個人的には(汗)

祥子さま役の波瑠さんも巧くはないですが、役柄たくさ
ん喋る方ではないし、雰囲気がキャラクターに似ている
というだけでグッドだったと思います。

3年生たちが良いですね。彼女らも凄く巧いわけではな
いですが、祥子さまがスール宣言して3年生と口論にな
るシーンはとても引き込まれました。実に良い雰囲気を
作り出せていたと思います。

演技は当初予想では60点なら良い方・・・と思っていた
のですが75点くらいはあげられると思います。

公開前に気になっていたもう一つの点。それは演出です。
個人的には結果から言えば90点あげられます。

アニメ版はこの1巻を3話(60分)に納めたのに、かなり
駆け足感があり、原作の雰囲気を完全に出せたと言い難
い内容だったのですが、映画版はその点とても良かった
です。

やはり60分と90分では間の取り方が全く違いますよね。

良いシーンではしっかりじっくり魅せてくれる演出をし
てくれたと思います。

また、画面が結構暗いのです。これについて批判する人
もいるのですが、個人的には正解だったのでは?と思い
ます。

リリアンの制服って明るい場所だとコスプレっぽく見え
ますよね。この点は大きいと思います。コスプレっぽい
と世界への没入感は引き出せないですから。

この他にも制作者が嘘っぽく見えない工夫をしている、
と思う点は多かったです。

さて、ここで気になった点を挙げます。

未来穂香さんと波瑠さんってあまりに違いすぎて、「百
合」的な没入感に乏しいような・・・

本当、不思議な話です。二人ともイメージにはぴったり
なのですが、スクリーンの中で動いている二人を観てい
ると、原作やアニメのような濃い「百合」の雰囲気を
感じなかった
のです。

良い作品だった!と思いつつも「百合」としてどうかと
考えなおすと、ほんの少し後ずさってしまうような、不
思議な感覚に襲われます。

これは実写映画への慣れのせいかもしれません。
また、「マリア様がみてる」は明確に同性愛を扱った作
品ではないので、原作やアニメで働いた妄想力が実写で
は働きにくいだけ・・・かもしれません。

まあ、これは個人的な価値観でしょうね。
BDを買って観たらもっと没入できる・・・と思います。

そうそう・・・来週もう一度観られるかもしれません。
どうやら、そこ(横浜)も来週の金曜日までの上映のよう
なので、まだの方はお早めに!

# 何か気づいたら続報を書きます(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点!ああ、初めて「マリア様
がみてる」という作品を読んだのはいつだ
ったかしら。ずいぶん経つけれど、この映画は初めての
気持ちをよみがえらせてくれた
わ~。甘やかで少し切な
くて、最後はハッピーで・・・。
それだけで、この映画の価値はあったと思うのよ。

アレサ:私は3点。正直言って普通の映画としては
ツッコミ所は多かったけれど、「マリア様
がみてる」という原作やアニメのイメージが強く固定さ
れて、実写化が難しい(と思える)作品を、まじめに映画
化した
・・・と思うと満点以外にないね。
少なくとも下手な映画化ではなかったと感じた。

総評:●●●●●★★★

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ぐいぐいジョーはもういない」 »

コメント

虚人ねこ様

レビュー、誠にありがとうございました。

…なるほど、出演者の方々の演技には、少々不満があるものの、演出に関しては“及第点”と言えるようですね。原作とは違う、ラストシーンが気になります。

う〜む、是非ぜひ観てみたいのですが、県内の映画館で上映されない事には、それも叶わず…。

“全国順次ロードショー”に、一縷の望みを繋ぎ、心静かに待ち続けてみます。

原作の1巻ですが、実はそれほど百合度は高く無いと思ってます。
あれだけいるキャラクターの紹介もあるし、レイニーブルーの辺りまでは祥子も祐巳も空回り気味でしたし(そこがいいともいいますが)。


ところで、このメンバーで、3年生が卒業するまでのいくつかのエピソードをやってもらいたいです。
卒業までと限定するのは、さすがに役者さんが育ってしまうとつらそうだから。(^^;
祥子と祐巳だけで終わらせるなんてもったいない!
個人的に、あの志摩子はすばらしかったと思います!!
逆に蔦子はもう少しカメラを扱う練習をしてほしい・・・


実写ということで、校舎や講堂とか歩くたびにぎしぎしいったりするのは、アニメでやられると鬱陶しいだけですが、実写ならではという感じでした。
あと余談ですが、ロングで映してる町並みは、ちゃんとM(三鷹)駅をK(吉祥寺)駅の南の方から映してました。

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>“全国順次ロードショー”に、一縷の望みを繋ぎ、心静かに待ち続けてみます。

私も望んでいます。
地元でもう一回観たいですね・・・でも、公開しても早朝
とかになりそう(汗)

★みーや★さま

>原作の1巻ですが、実はそれほど百合度は高く無いと思ってます。

当時は百合もの自体が少なかったので、個人的にはかなり百合だと
思っていました・・・あまり百合に思えなかったのは昨今の百合事情
にも影響されているのかもしれませんね。

>ところで、このメンバーで、3年生が卒業するまでのいくつかのエピソードをやってもらいたいです。

同意です。三年生は二年生メンバーに比べたら演技できていると
思うし、存在感が良いですよね。

>逆に蔦子はもう少しカメラを扱う練習をしてほしい・・・

たしかに、ちょっとカメラの扱いが雑だったように感じましたね(汗)

>あと余談ですが、ロングで映してる町並みは、ちゃんとM(三鷹)駅をK(吉祥寺)駅の南の方から映してました。

これは私も判りました。
でも、仕事で大失敗をした場所に近いので、ちょっと複雑です(汗)

未来穂香さんはキビシかったですか。

そうなんですか~。でも役回り的にOKと言うことなので、
映画、見てみます。
そんな未来穂香さんって・・・と思ってネット調べたら
http://birthday-energy.co.jp」ってサイトで
説明してました。妹役はハマリ役らしい・・・。
早く見に行かなきゃ。

コメントありがとうございます。
★スプラッシュさま

>早く見に行かなきゃ。

もう公開している映画館はほとんどないかも。
近所にあるならお早めに。

>あまり百合に思えなかったのは昨今の百合事情にも影響されているのかもしれませんね。

たしかに、恋愛感情前提の百合ものとは違いますね。
恋愛感情を抜きにして相手を思う心、ですね。

で・・・今日、今週末までだと知って2回目を見てきてしまいました。(^^;;

祐巳の演技の固さですが、改めてみると“とても固い”時と“固い”時に分けられるかなと思いました。
1年生といるときはそんなに固さを意識しないですが、2年生や3年生と一緒になるととても固くなってます。
あのころの山百合会は怖い、近寄りがたいというイメージが出来上がってしまってるので、あれはあれでそういう演技なんだな、と(?)。

その中で、蓉子が2階から薔薇の館を訪れる生徒を案内する祐巳を微笑みながら見てるのがいいですね。
やはり、せめてバレンタインのイベントまでだけでも・・・と思ってしまいます。

あと、2度目に見て確信したのは、祐巳のたぬき顔とか怪獣のような声とかはきちんと再現されてたな、と。(^^;;;

コメントありがとうございます。
★みーや★さま

おお、2回鑑賞されたのですね。

>その中で、蓉子が2階から薔薇の館を訪れる生徒を案内する祐巳を微笑みながら見てるのがいいですね。

ですね!私もこのシーン大好きです。
こういうシーンがちゃんと入っているところが、
映画版の真面目さというか丁寧さをよく現している
と思うのです。
# 原作ファンが喜ぶツボを心得ている・・・と言っても
# 良いかもしれませんが。

>あと、2度目に見て確信したのは、祐巳のたぬき顔とか怪獣のような声とかはきちんと再現されてたな、と。(^^;;;

たしかに。
でも、箸の持ち方とか、原作以上に子どもっぽい
所もありましたね(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50032004

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「マリア様がみてる」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ぐいぐいジョーはもういない」 »