2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「瑠璃色の夢」 | トップページ | 「にじぷり」3 »

2010.11.30

「WORKING!! THE ANIMATION」6,7

高津カリノ原作の4コマ漫画のアニメ版です。

個性的な従業員が集う、ファミレス「ワグナリア」を
舞台にした、ラブ(?)コメディアニメ。
最後の2巻、6,7巻(10~13話)を一気に。

鑑賞後の第一印象は・・・まあ、最後は小鳥遊とまひる
のかゆい(汗)ラブコメで納めましたね。この作品の方向
から言えば妥当だったかもしれません。

5巻では山田がイマイチ活躍しませんですが、6,7巻では
好き勝手やっている感じが良く出ていましたね(汗)

別に「百合」キャラというワケではないですが、一発触
発なラブコメキャラが多い中で山田のニュートラル、
(というか単に超マイペース)な性格はなんだか癒されま
す。

あと、最近ぽぷらの存在が薄いので、"カッコイイ女に
憧れる属性
"が付いてきた、というのはちょっと面白い
です。
この作品の登場人物はガッチリとコメディ的なメカニズ
ムに組み込まれているので、ぽぷらの新属性もそのシス
テムに組み込まれるため・・・かもしれませんね。
作者のキャラのバランス感はセンス良いと思います。

さて、「百合」的には11話が最後のピークかもしれませ
ん。八千代、杏子、佐藤の三人が初めて顔をそろえた
時のエピソードが語られます。

三人ともちょっと幼い雰囲気で、新鮮でしたね。
それにしても、この頃からほとんど変わらない三角関係
です。

「百合」好きの私が言うのも何ですが、佐藤の我慢強さ
には驚きです。普通、バイトなら辞めますよね(汗)
しかし、それ以上に八千代と杏子の関係は強固という
ことでもある・・・と信じたいですね。

まあ、最後はこの作品の一番ラブコメらしい要素で締め
たわけですが、まあ、1クールアニメなので、これくら
いが妥当と言えるかもしれませんね。

原作と同じく「百合」的にもヤキモキさせられましたが
結果的には楽しめたかな、と思います。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。杏子ちゃんってあの年齢
まで男っ気全くなく、八千代ちゃんと一緒
に行動していたのよね・・・。どう考えてもデキている
わ。

アレサ:私は2点。・・・とか色々考えさせるよう
な設定が絶妙
なんだよね。この作品。
あと、人間関係が不思議と相似形だったり、パワーバラ
ンスがあったり、考えられたコメディだよね。
意外とこういうのって少ない気がするな。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「WORKING!! THE ANIMATION」1
「WORKING!! THE ANIMATION」2
「WORKING!! THE ANIMATION」3
「WORKING!! THE ANIMATION」4
「WORKING!! THE ANIMATION」5
原作の感想はこちら。
「WORKING!!」
「WORKING!!」2
「WORKING!!」3
「WORKING!!」4
「WORKING!!」5
「WORKING!!」6
「WORKING!!」7
ドラマCDの感想はこちら。
CDドラマ「WORKING!!」1
CDドラマ「WORKING!!」2
CDドラマ「WORKING!!」3

« 「瑠璃色の夢」 | トップページ | 「にじぷり」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50177469

この記事へのトラックバック一覧です: 「WORKING!! THE ANIMATION」6,7:

« 「瑠璃色の夢」 | トップページ | 「にじぷり」3 »