2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2010年「百合」10大ニュース第9位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2010.12.24

2010年「百合」10大ニュース第8位

ではでは8位の発表です。
ニュース部門の第8位は・・・
意外な良「百合」だった「FinalFantasy XIII」』です。

PS3版「FinalFantasy XIII」が発売されたのは昨年末で
したが、実際にプレイしたのは今年なので、今年のニュ
ースとしています。

当初、この作品に「百合」を期待した人はどれだけいた
でしょうか?

個人的には大作RPGがプレイしたい。しかし、ボーイ・
ミーツ・ガール作品は絶対やりたくない。
「FF XIII」は女性キャラが主人公らしい・・・という
ことは少なくともボーイ・ミーツ・ガールにはならない
だろうという意図でプレイしてみました。

序盤こそ男女の恋愛話が描かれるのですが、中盤から終
盤にかけて、メインキャラ6人の内のヴァニラとファング
の関係がクローズアップされていきます。

二人の謎を秘めた設定と深い絆を思わせる会話やアイコ
ンタクトがラストになって、ぱあっと花開く!という展開
は「百合」的には圧巻でした。

「FF XIII」は批判も多いですが、個人的にはゲームと
してもちゃんと楽しめたと思います。
(独創的だけど手に馴染みやすい、良く考えられたシス
テムだったと思いますし)

個人的には「FF」の中では「XIII」がNo.1です。
(批判の大半は「FF」の有名税みたいなモノだと思います)

この作品に(意図してかどうかはわかりませんが、いや
多分意図して)「百合」を持ち込んでくれたスタッフの
勇気に感謝したいですね。

他のゲームにも「百合」を持ち込んでほしいですが、
「FF」がやったら他がやりにくい・・・かもしれません
ね(汗)

« 2010年「百合」10大ニュース第9位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

虚人ねこ様

なるほど…。いやぁ、SCE系は『FF・XIII』以外にも、いくつか“百合テイストゲーム”が出ていて、本当に羨ましいです。

翻って、我が任天堂系には、“コンセプトの問題”なのか、全く存在しないため、何とも残念至極にございます。

せっかく、『ニンテンドー3DS』を発売するのですから、これを機会に、百合ゲーにも門戸を開いて欲しいのですが…。

本当、コナミさんあたりが、作ってくれないかなぁ…と、儚き願望を持つ、今日この頃であります。

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>SCE系

MS系もそうですが大人向けの作品を作れるので
「百合」の冒険はできますよね。
ただ・・・漫画やアニメには全く及びませんが。

「FF XIII」は今から考えると、多分何かの間違い
だったような気さえします(汗)

>任天堂系

は逆に今戦略が難しくて、ゲーム会社が"守り"に
入っている印象ですね。

そうそう、今年はケータイで「百合」ゲーレーベル
が出来ましたし、世の中そういう流れなのかもしれ
ませんね。

ゲームは大画面でやりたい、という年寄りの私には
辛いですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50390101

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年「百合」10大ニュース第8位:

« 2010年「百合」10大ニュース第9位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »