2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「オクターブ」vol.4 | トップページ | 「たまゆら」1 »

2011.01.26

「でじぱら」5

髙木信孝・作、メディアワークス・刊

ふとしたことでAV(オーディオヴィジュアル)の精霊に
出会ってしまった松下けんじ(♂)が主人公(?)。大学の
AV部に入部すると、3人のマニアな女の子達がいて・・・
というAV情報漫画第5巻(最終巻)

読後の第一印象は・・・ついに最後まで「百合」要素は
皆無でした。でもまあ、楽しめました。

・・・今回も最初に書きますが「百合」的には保留です。

それにしても、初っ端はネットブックのネタです。
ネットブック自体がもう死に体でので、技術の流行り
廃りのなんと速いこと・・・と驚かされますね。

この作品は非常にタイムリーな技術ネタを漫画にしてい
るので、時代の流れの速さがよく判ります。
こういう漫画は他にはないかもしれません。

あと、ヘッドホンネタが面白かったです。
以前は私も興味があって色々情報を集めていましたが、
今は難聴でその熱も冷めてしまいました(汗)

なので、作中のキャラたちのパッションが少し羨ましく
て・・・(汗)

それにしても、この作品って髙木信孝氏がいきいきと
描いていますよね(汗)
「百合」的には特筆すべき点は何もありませんが、作者
のノリが伝わってきて、個人的には好きでした。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは保留ね。AVマニア漫画なので
「百合」が入る余地は少なかったと思う
のだけれど・・・「百合」ネタもいれて欲しかったわ
ね・・・。できないことはないと思うのよ~

アレサ:私は2点。かな~り読者を選ぶ作品だけど
マニアならではの熱を感じられて好きだっ
たなあ。「百合」マニアならではの熱を感じさせるよう
な作品ってできないかな・・・とちょっと思ったり。

総評:-----★★☆

このシリーズの感想はこちら
「でじぱら」1
「でじぱら」2
「でじぱら」3
「でじぱら」4
髙木信孝作品の感想はこちら
「PURE まりおねーしょん」(新装版)1
「PURE まりおねーしょん」(新装版)2,3
「カシオペア・ドルチェ」1
「@ホーム~姉妹たちの想い~」
「マギーペール」1
「マギーペール」2
「マギーペール」3
「マギーペール」4
「PURE まりおねーしょん」2

« 「オクターブ」vol.4 | トップページ | 「たまゆら」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50697003

この記事へのトラックバック一覧です: 「でじぱら」5:

« 「オクターブ」vol.4 | トップページ | 「たまゆら」1 »