2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「スーパー乙女大戦」 | トップページ | 年末に入手した物件+検索順位 »

2011.01.06

「キディ・ガーランド」CASE.7

前作「キディ・グレイド」から50年後の世界。
GTOという組織に所属している見習いESメンバー(超能力
を持ったエージェント)であるアスクールとク・フィーユ
の活躍を描いたスペース・オペラ7巻(19~21話)の感
想です。

Gソサエティの本拠地に乗り込んだアスクールは敵にさ
らわれ、記憶を操られているク・フィーユと戦うことに。
そして、アスクールの過去も明らかに!という展開。

鑑賞後の第一印象は・・・予想通り「百合」的には良い
展開
になってきました。しかし・・・

前巻くらいから「百合」的に期待できそうな雰囲気が出
てきましたが、21話になって花開いた、という感じです。

記憶を操られたク・フィーユがアスクールを追い詰めて
涙するシーンは、古典的な感じはしますがグッとくるも
のがありました。

21話のク・フィーユが記憶を取り戻すシーンも良いです
ね・・・ただ、この作品はキスシーンが多いので(汗)
またか、感はありましたが・・・(汗)
# このあたり前半で狙いすぎましたね。

「百合」的には期待通りの展開と言えるかもしれません。

ただ、手放しでは喜べません。
特に前作「キディ・グレード」を好きな人はこの展開は
残念としか言いようがないかもしれませんね。

コメディを狙っているのか、シリアスを狙っているのか
あまりに曖昧な展開・演出ですよね。締まりがないとい
っても良いかもしれません。

敵が銀河を狙っている割にはこぢんまりしているし、
全体的に何かを間違っているのでは?という思いがして
しょうがありませんでした。

しかし、この作品のテーマはやはりパートナーなんだと
思います。敵のシャドーワーカーのバディの描き方も
そのテーマに沿っていると思えば納得できる気もします。

スペースオペラとしてはキャラクターを描きすぎな印象
があります。キャラを篤く描くのは「百合」的には良い
のですが、ストーリーとの共生は難しいんだな・・・と
つくづく思う作品です。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3...4点にする!二人の友情を
越えた関係に涙したわ~。ベタだけれど、
こういうのはとても良いわね~。

アレサ:私は2点。展開はこういうのもアリかな、
と思うのだけど、もっと鋭い演出ができな
いものかなあ・・・。観ていて少し歯がゆくなるような
気がするね。

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「キディ・ガーランド」CASE.1
「キディ・ガーランド」CASE.2
「キディ・ガーランド」CASE.3
「キディ・ガーランド」CASE.4
「キディ・ガーランド」CASE.5
「キディ・ガーランド」CASE.6
ノベル版の感想はこちら。
「キディ・ガーランド 1 Legacy Little Lady」

« 「スーパー乙女大戦」 | トップページ | 年末に入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50513286

この記事へのトラックバック一覧です: 「キディ・ガーランド」CASE.7:

« 「スーパー乙女大戦」 | トップページ | 年末に入手した物件+検索順位 »