2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ハニー★カルテット」 | トップページ | 「まんがの作り方」3 »

2011.02.16

「ゆきの咲くにわ」2

たつねこ・作、一迅社ぱれっとコミックス・刊

お話は・・・ある日突然、普通の少女(?)社千尋の部屋
に雪女・ゆきがやってくる!という押しかけ女房(?)
メディ4コマ漫画
です。

読後の第一印象は・・・1巻からひき続いて、今回も
よくあるユる目のコメディ・・・と思いきや・・・
な!なんだっ、この展開はっ?!

序盤は1巻と同じく、主人公・千尋とゆきと、"小野ちゃ
ん"や金鳳花茴(うい)といったクラスメイトとのユる目
のコメディで進行します。

しかし、話の最後で、小野や茴が意味深な会話をしてい
るシーンが挟まれることが出てきます。ま、まさかの
シリアス展開??と思っていたら・・・

後半、小野や茴の意外な正体が明かされます。ラノベで
はこういう実は○○という展開は多いのですが、コメデ
ィ4コマ漫画では珍しいですよね。

しかも、小野とゆきがガチバトルをするし・・・一体
どうなってるんだ?!と思わせてくれました。
そういう点では予想外に楽しめたと言えるかもしれませ
ん。

「百合」的にもこれが良い感じなのです。

千尋と高塔澪がデートするエピソードやその次の社家
が停電するエピソードなどがかなりツボでした。

雪女のクセに元気で好戦的なゆきと、ゆきに好かれて
まんざらでもない千尋の関係がなんだかとても良いと
思えてきました。

いや本当、たつねこ氏の最高傑作と言っても過言では
ないかも・・・。
(もっともたつねこ氏はキャリアは長いですが、寡作な
作家ですが)

あと、広げた風呂敷と「百合」要素のバランスをどう
とるのかも今後の見所と言えるでしょうね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。ゆきちゃんに対して意外
と優しい千尋ちゃんが良いのよね。二人の
カップルとしての出来上がりかたはかなりのものだと思
うわ。3巻も楽しみね~。

アレサ:私は2点。さすがにあのバトル展開には驚
いたけど、シリアスなのに、コメディも
やっちゃうのは、「これでいいのかな・・・」と思って
しまった。まあ、そうは言いつつ楽しめたけど。

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ゆきの咲くにわ」1

« 「ハニー★カルテット」 | トップページ | 「まんがの作り方」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/50891498

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゆきの咲くにわ」2:

« 「ハニー★カルテット」 | トップページ | 「まんがの作り方」3 »