2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ三」 | トップページ | 「WORKING!!」8 »

2011.03.22

「青年のための読書クラブ」2

桜庭一樹・原作、タカハシマコ・漫画、Softbank Creative・刊

お話は・・・お嬢様学校、聖マリアナ学園には、異端者
が集うクラブがあった。それが「読書クラブ」。
今回は聖マリアナ学園の創始者・修道女マリアナの驚く
べき真実に焦点があたります。

読後の第一印象は・・・「百合」的には1巻ほどではな
いのですが、漫画としてはなかなか読ませる良作です。

2巻は100年前のパリを舞台に物語が展開します。

聖マリアナ学園の創始者・マリアナが日本へ渡るまでの
物語が描かれるのですが、これがなかなか読ませるので
す。

タカハシマコ氏の絵はどちらかというとお人形さん的な
可愛さが目立ちますが、こういう歴史物&ちょっとサス
ペンス的な漫画も描けるんだなと正直関心しました。
(もちろん、この作品には原作があるので、全部がタカ
ハシマコ氏の功績ではないでしょうが)

しかし、マリアナの物語は漫画としては面白い内容だっ
たのですが、「百合」的には特筆すべき点はありません
・・・。

「百合」的には第4章「一番星」ですね。

このエピソードは時間を現代に戻して「ロックスター」
になった生徒が描かれます。
第3章では生徒はほとんど描かれなかったので、「百合」
的には低調だったのですが、第4章は生徒が多く描かれ
るので、良い感じが戻ってきます(汗)

しかし、第4章は最初のエピソードしか掲載されていな
いのです・・・3巻が待ち遠しいですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。「百合」的には低調だけ
れど、第4章では明るい兆しも見えるわ。
うう、次が早く読みたいわ~。

アレサ:私は3点。今回も面白かった。原作のデキ
が良いのだろうけど、とても巧く漫画化さ
れていると思うよ。タカハシマコ先生の確かな実力を感
じるね。

総評:●●○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「青年のための読書クラブ」1
タカハシマコ氏の他作品の感想はこちら。
「女の子は特別教」
「乙女ケーキ」

« 「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ三」 | トップページ | 「WORKING!!」8 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/51192183

この記事へのトラックバック一覧です: 「青年のための読書クラブ」2:

« 「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ三」 | トップページ | 「WORKING!!」8 »