2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」2 »

2011.03.15

「ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック」

深見真・著、小学館ガガガ文庫・刊

今日レビューをする1巻が発売されたとき「百合」要素
皆無っぽかったので、スルーしていたのですが、2巻が
発売されたとき中をチェックすると、「百合」要素が
ありっぽかったので、急遽1,2巻を購入しました。
本日はその1巻の感想です。

お話は・・・剣と魔法の世界。主人公・リョウトはメイ
トリア帝国の騎士団に属する特殊部隊に所属していた。
ある時、リョウトたちの部隊に極秘命令が下される。
それは、エルフ国の娘を誘拐し、拷問にかけるというキ
タナイ仕事だった・・・という内容。

読後の第一印象は・・・確かに「百合」要素はほとんど
ありません。お話としてはラノベ初心者には是非お勧め
したいような内容でした。

この作品の面白いのは、ファンタジーでありながら現代
世相を取り込んでいる点ですね。メイトリア帝国は人間
の国だが、ドワーフなどの異人種も移民として取り込ん
でいる。しかし、そういう背景がテロ事件などを誘発す
る。
主人公はテロを摘発する側なので、序盤は人を殺す描写
が結構多いです。しかも、"緻密"に描写されているので
こういうのが苦手な人はいるかもしれません。

しかも、エルフの娘を拷問するという展開。

なんだかドロドロしそうな予感・・・なのですが、意外
にも中盤以降は痛快ファンタジーです(汗)

これはたぶんですが、途中で方針転換したのでは?と
いう気がしますね。

中盤以降の展開は都合が良すぎるほどテンポ良く進み
ます。ラノベを良く読んでいる人はツッコミを入れたく
なるかもしれませんが、初心者には楽しまれる作品に
なっていると思います。

また、主人公・リョウトとエルフの娘・フランカとの
ラブロマンスもあるのですが、深見氏がここまで普通
ボーイミーツガール作品を書くとはかなり意外でし
た。

そういうわけで「百合」的にはほとんど特筆すべきこと
はありません。

唯一、リョウトの上司にして戦闘の師匠的立場のソフィ
アが女好きらしいという1センテンスがあるのみです。

これは深見氏の些細な抵抗でしょうか(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは保留するわ。普通にBMGだわね。
でも2巻には期待するわ。

アレサ:私は2点。描写の緻密さとテンポの良さは
最近の深見先生らしい巧さを感じるけど、
お話は絵に描いたようなラノベで、正直「深見先生、
いったいどういう風の吹き回し?」と思ってしまった。
ラノベ初心者にはウケそうな作品ではあるね。

総評:-----★★☆

深見真作品の感想はこちら。
「ヤングガン・カルナバル」
「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」
「ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感」
「ヤングガン・カルナバル 天国で迷子」
「ヤングガン・カルナバル ドッグハウス」
「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」
「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」
「ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八」
「ヤングガン・カルナバル 開催・バンケットの死闘」
「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」
「ヤングガン・カルナバル・スペシャル ファイトバック・ホンコン」

「疾走する思春期のパラベラム」
「疾走する思春期のパラベラム 灰色領域の少女」
「疾走する思春期のパラベラム デイドリーム」
「疾走する思春期のパラベラム 心的爆撃」
「疾走する思春期のパラベラム この世の人々が許しあうまであと千億の夜」
「疾走する思春期のパラベラム みんな大好きな戦争」

「武林クロスロード」
「武林クロスロード」2
「武林クロスロード」3
「武林クロスロード」4

「ヴァンガード」
「瞬撃のヴァルキリィ」
「ヴァーティゴ」

ドラマCDの感想はこちら、
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ハイスクール・ヴァーティゴ」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ブラッドダイヤモンド・プリンセス」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ファミリー・ビジネス」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ガールファイト」
漫画版の感想はこちら、
「ヤングガン・カルナバル」1
「ヤングガン・カルナバル」2
「ヤングガン・カルナバル」3
「ヤングガン・カルナバル」4

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/51131128

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロマンス、バイオレンス&ストロベリー・リパブリック」:

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」2 »