2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「まどか☆マギカ」1 | トップページ | 「青い花 ラジオCD」 »

2011.08.17

「はやて×ブレード」13

林家志弦・作、集英社YJコミックス・刊

女子校チャンバラアクション漫画。第13巻目です。

今回は・・・卒業送別イベントが終了し、卒業式当日。
で生徒会長・天地ひつぎはSランカーの頂上戦を行うこ
とを宣言する。
挑戦する神門玲、祈紗枝の心中に去来する想いとは。
・・・という展開です。

読後の第一印象は・・・相変わらず幕間が多いですが、
久々にドラマチックな展開ですね。ただ、「百合」的に
特筆すべき点は少ないです・・・

序盤は卒業式です。あまりウエットなエピソードはあり
ませんが(当たり前か)、天地学園にも卒業式があるとい
うのがちょっと新鮮でした(汗)
# 天地学園は女の子達がチャンバラをするという、ある
# 意味、亜空間なので。

そして、生徒会長の重大発言が飛び出します。

今まで、ひつぎは生徒会長らしい剛胆さと馬鹿さを兼ね
備えた、この作品の中でもかなりの強力キャラなので、
その生徒会長がどういう剣技を見せるのか、かなりワク
ワクする展開
です。

この作品は(意図しているかどうか判りませんが)少年漫
画的なワクワク展開が少なかったので、期待させます。
(戦いは次の巻へ持ち越しますが)

「百合」的には、玲と紗枝の刃友関係でしょうか。
この二人は幼なじみなので、ちょっとした昔話が良い感
じに思えますし、二人の立ち位置も"収まりの良い感じ"
に見えます。

ただ、ガチ度はあまり高くないように思えるのが、少し
残念ですね。

そうそう、特典のドラマCDですが、さすがは原作者が
脚本を書いただけあって、ノリが凄く面白かったです。
キャラクターも生き生きしていて、中の人たちの演技も
良かったですね。

まあ、やはり「百合」度は低かったのですが、個人的に
はかなり楽しめました。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。今回も「百合」度は高く
はないわね。バカはバカでも、もう少し
甘バカ系のエピソードを希望したいわ~。

アレサ:私は2点。久々にワクワクさせる展開では
あるね。ドラマCDもとても面白かった。
でも・・・やはり、ごちゃごちゃしすぎの気がするんだ
よね・・・。作品の方向性が見えないというか。そうい
う混沌状態が面白い、という意見もあるだろうけど。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「はやて×ブレード」1
「はやて×ブレード」2
「はやて×ブレード」3
「はやて×ブレード」4
「はやて×ブレード」5
「はやて×ブレード」6
「はやて×ブレード」7
「はやて×ブレード」8
「はやて×ブレード」9
「はやて×ブレード」10
「はやて×ブレード」11
「はやて×ブレード」12
ドラマCDの感想はこちら。
「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.1
「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.2
「はやて×ブレード DRAMA CD」Vol.3
林家志弦氏の作品の感想はこちら。
「ストロベリーシェイクSweet」1
「ストロベリーシェイクSweet」2
「ビージェネ!」

« 「まどか☆マギカ」1 | トップページ | 「青い花 ラジオCD」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/52501789

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやて×ブレード」13:

« 「まどか☆マギカ」1 | トップページ | 「青い花 ラジオCD」 »