2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ストライクウイッチーズ 公式コミックアラカルト」 | トップページ | 「PRIZONA6」Volume.4 »

2011.08.31

「鉄漫」2

高遠るい・漫画、バンダイナムコゲームス・原作/監修、集英社・刊

お話は・・・三島財閥が国家宣言を行い、主要な国家を
もその手中に収めている世界。主人公・風間飛鳥は三島
財閥の頭首・風間仁を倒すため様々な格闘家と出会う
・・・という内容。
2巻(最終巻)では、風間仁の父、三島一八が三島の本社
ビルに乗り込んでくる。風間飛鳥もこの期に乗じて仁に
会おうとするが・・・

読後の第一印象は・・・この巻で終了だからか、1巻よ
り"置きにいった"感じです。「百合」的にも1巻より
調
でした・・・

前半は飛鳥を倒しに、アンドロイド少女・アリサがやっ
てきたり、ラースのサイドストーリーが挟まれたりで
「鉄拳」という作品の世界観を楽しめるのですが、一八
が仁を倒しに動く展開だと、普通の格闘漫画っぽく
"置きにいっている"感がありますね。

さすがの高遠るい氏も、ゲームのコミカライズで本筋を
外すわけにはいかなかったのでしょう(汗)

しかも、風間飛鳥もエミリ(リリ)も登場するにはするの
ですが、1巻より傍観者的な立ち位置でした。
したがって、「百合」要素も1巻ほど感じませんでした
ね。

まあ、1巻はある意味、高遠るい氏だからこその「百合」
要素だったのでしょう・・・
# でも、風のうわさでは、「鉄拳6」は「百合」要素が
# 多いとも聞きますが・・・ううむ。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは1点。予想は出来ていたとは言
え本筋にもどると「百合」度は低くなるわ
ね・・・。惜しいわ~。

アレサ:私は2点。1巻は高遠るい作品らしい独自色
が面白かったのだけど、2巻の後半はなん
だか、普通のコミカライズになってしまってちょっと
残念だね・・・。

総評:●○○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「鉄漫」1
高遠るい作品の感想はこちら。
「ミカるんX」1
「ミカるんX」2
「ミカるんX」3
「ミカるんX」4
「ミカるんX」5
「ミカるんX」6
「SCAPE-GOD」

« 「ストライクウイッチーズ 公式コミックアラカルト」 | トップページ | 「PRIZONA6」Volume.4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/52616572

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄漫」2:

« 「ストライクウイッチーズ 公式コミックアラカルト」 | トップページ | 「PRIZONA6」Volume.4 »