2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「まどか☆マギカ」2 | トップページ | 「旅する少女と灼熱の国」 »

2011.08.23

「第七女子会彷徨」2

つばな・作、徳間書店RyuComics・刊

お話は・・・未来の女学生の生活を描いたシュールで奇
妙なSFコメディ漫画。第2巻
今回は死者がテクノロジーで生き返ったり、金やんが
多元宇宙で迷子になったり、お父さん自販機が出現した
り、相変わらずシュールなコメディが展開されます。

読後の第一印象は・・・1巻以上に、日常とシュールさ
の混ざり具合
が良いですね。

前回、「星新一的でもあり、藤子不二雄F(少々Aも)的
であり、「ガロ」的でもある作品
」と書いたのですが、
今回もそういう感じです。そのエッセンスに最近流行
(?)のガールズトーク的な要素を加えた作品ですね。

古典的なSFが何周も回って、新鮮に思えます。

面白かったのは、第14話「まぼろし、まほろば」
デジタルテクノロジーによって死者が蘇り、金やんと高
木さんの高校にも死者の生徒がやってくる、というエピ
ソードですが、シリアスになりそうな展開なのに、シュ
ールな雰囲気で明るいままお話が進むというのがなんと
も不思議でした。

そういえば、昔のSFもこういうカラッとした雰囲気だっ
たなあ・・・と思いだしたりしました。

「百合」的には・・・第15話「多元宇宙ボタン」ですね。
他の宇宙に転移してしまった高木さんがその宇宙の金や
んに出会うシーンが良かったです。
この作品で一番「百合」的だったかもしれません(汗)

こういう作品は最近お目にかかれないので、今回も
楽しませてもらいました。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点15話は良かったわ~。他
の宇宙でも気持ちが通じるというのは「百
合」的にもグッドね~。

アレサ:私は3点。発生する事件の大きさが日常に
紛れるとシュールになるというのがとても
面白いと思う。でも、この作品は漫画だからこういう味
わいになるんだと思うな。面白いけどアニメ化しない方
が良い作品かもしれないね。

総評:●●○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「第七女子会彷徨」1

« 「まどか☆マギカ」2 | トップページ | 「旅する少女と灼熱の国」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/52551858

この記事へのトラックバック一覧です: 「第七女子会彷徨」2:

« 「まどか☆マギカ」2 | トップページ | 「旅する少女と灼熱の国」 »