2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「フィダンツァートのためいき」 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

2011.09.08

「死神アリス」#1

いずみやおとは・作、一迅社百合姫コミックス・刊

本日はこの作品。既に2巻(最終巻)が発売されています
1巻の感想です(汗)
お話は・・・女子高校生・真崎はある日殺人を目撃して
しまう。殺したのは自分より年下の少女だった。真崎は
やがて、その"死神"少女・ひなげしと出会い、お互いに
惹かれていく。それは凄惨なドラマの幕開けであった!
という内容。

読後の第一印象は・・・どこかで見たような作風だと
思っていたのですが、"あとがき"で判りました(汗)

久しぶりの長編作品です。
しかし、やたらと流血するし、妙にリアリティがない
いかにも女性作家のバイオレンス漫画だなあ・・・とい
う印象がしました。

この作風、どこかで読んだような・・・ひょっとして
・・・と思いつつ読んでいたら、"あとがき"で氷解しま
した。いずみやおとは氏は「断罪者」などのいとうえい
氏の元(?)アシスタントだったんですね。

道理で似た作風だと思いました。納得。

「百合」的にはやはり、真崎とひなげしですね。
真崎は立場的にいつ殺されるか判らない状況なのに、
ひなげしのことが気になって、そしていつしか惹かれて
行く・・・というのが王道ながら良いですよね。

ひなげしもツンデレで可愛いです(汗)
その可愛さに似合わず、血みどろ描写というのは好き嫌
いが分かれそうなところですが・・・。

2巻が気になる展開ですね。
果たして、ひなげしは真崎を殺すのか・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。こういう血みどろ系もた
まには良いわよね。血の緊張感が「百合」
関係の緊張感にも結び付いているわけね。
真崎ちゃんはひなげしちゃんへの愛を貫くことができる
のかしら・・・

アレサ:私は2点。なんというかリアリティがなさ
すぎだよね。ひなげしって結局、本当の
死神なのか、単に暗殺者なのか、ある種のエージェント
なのか、全く説明がないんだから・・・
まあ、その得体のしれない少女に惹かれるというのは
「百合」としては判らなくもないけど。
2巻では説明あるかな??

総評:●●●●○★★☆

« 「フィダンツァートのためいき」 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/52681553

この記事へのトラックバック一覧です: 「死神アリス」#1:

« 「フィダンツァートのためいき」 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »