2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「輪るピングドラム」1 | トップページ | 「コンチェルト」 »

2012.03.28

「猫神やおよろず」六

FLIPFLOPs原作のコメディ漫画のアニメ版

お話は・・・八百万の神と人間が共に生活する現代の
日本(?)を舞台に、骨董屋に住まう猫神・繭(♀)と、看
板娘・柚子と仲間たちのハート(?)フルコメディ漫画の
アニメ版第6巻(11,最終話)です。

月の蔵守・天音から、天界のNo.2であるツクヨミが自分
を蔵守にするつもりであることを聞いた繭は天界に直談
判に。しかし、天界に戻った繭を待っていたのはツクヨ
ミとの見合いだった?!それを聞いた笹鳴とメイ子も妨害
工作に出るが・・・という展開。

読後の第一印象は・・・12話の笹鳴が良いです!でも
TV版は色々残念なところがありましたね・・・

この作品の難点って、なんといっても神様たちを一同に
介しすぎ
ましたよね(汗)
繭の周りの賑やかさを表現するという意図は判りますが、
昔の漫画のような雑味を出してしまったのは完全に失敗
だったと思います。

ただ・・・台所事情で原作のような美麗な作画ができな
いのであれば、こういう料理方法は致し方なかったのか
もしれません・・・

ただ、何度も書きますが(汗)桜井監督の話芸は好きなの
です。

原作の良さと、台所事情と、桜井監督の持ち味が見事な
までに噛み合わなかった・・・という印象がします(汗)

さて、「百合」的には最後は魅せてくれます。

繭を奪還しようと笹鳴とメイ子が行動を開始する勇まし
がとても好きです。
天界の端に飛ばされて、諦めかけている笹鳴をメイ子が
励ますとか、ベタですが、好きなシーンです。

そして、最後はツクヨミの神力に抵抗するという、ある
意味"笹鳴本命フラグ"が立ったのも個人的にはグッドで
した。

多くは望めませんでしたが、このシーンだけでも個人的
にはとても嬉しかったです。
・・・そういえばメイ子と繭の出会いのエピソードとか
はなかったような(汗)

まあ、アニメとしては色々難有りの作品でしたが、「百
合」的な味わいも良いし、憎めない作品です。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。基本的に繭ちゃんを中心
としたハーレムね。笹鳴ちゃんのがんばり
がとてもグッド。最後の柚子ちゃんのツンデレも良かっ
たわ~。本当、もう少し先のエピソードまでアニメで観
たいけれどね・・・

アレサ:私は2点。まあ、いろいろイケてない部分
も多いけど、世界観といい、キャラといい
悪くない作品だよね。原作がちゃんと続くことを祈るの
み・・・

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「猫神やおよろず」一
「猫神やおよろず」二
「猫神やおよろず」三
「猫神やおよろず」四
「猫神やおよろず」五
原作の感想はこちら。
「猫神やおよろず」1
「猫神やおよろず」2
「猫神やおよろず」3
「猫神やおよろず」4
別メディアの感想はこちら。
「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ一」
「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ二」
「猫神やおよろず 神饌音盤 巻ノ三」

« 「輪るピングドラム」1 | トップページ | 「コンチェルト」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/54334804

この記事へのトラックバック一覧です: 「猫神やおよろず」六:

« 「輪るピングドラム」1 | トップページ | 「コンチェルト」 »