2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「蒼穹のカルマ」8 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

2012.04.20

「やまンこ!」2

井冬良・漫画、雑破業・原作、電撃コミックス・刊

お話は・・・音々子は山猫憑き(やまンこ)の少女。興奮
すると耳やしっぽが生えるのを恥ずかしがっていた。
ある日、背が高いが大人しい少女・眞琴と出会う。眞琴
は音々子の山猫憑きを中和する体質があったのだ・・・
というコメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・妙に薄い印象の作品ですが(汗)
「百合」的には良い感じですね。ただ、気になる点も。

この作品は基本的には学園コメディです。音々子の体質
による騒動や妖怪が登場するような、昔からあるタイプ
のコメディと言えます。

しかし、オビで「百合」を謳っているだけあって、本当
に「百合」作品
になっています。
それも、音々子と眞琴の秘めやかな相思相愛関係が控え
めに表現されており、「百合」的な味付けは良いと思い
ます。

ただ・・・この作品、いくつか気になるところがありま
す。

まず、眞琴の設定の問題です。
昔ながらの優しいだけで女の子にモテモテの冴えない男
主人公を女の子にしたような印象が強くて、女の子であ
る必然性
があまり感じないのです。
前髪で表情が隠れている設定なのも、マイナスに働いて
いるように思えます。

そして、ヒロイン音々子も、なんとなく印象が薄いです
よね。

新キャラ、六品りん(化け狸)の方が存在感があるように
も感じます(汗)

なんというか、「百合」キャラをどう動かして良いか判
らない
のでは?という印象なのです。

そういう所も含めて、「百合」を意識しているのは買いま
すが、個人的には、もう少し眞琴を、女の子としてアグ
レッシブに動かし
て欲しいところです。

幸い、この作品はまだ続くので、そのあたりに期待した
いですね。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。音々子ちゃんのツンデレっ
ぷりは少年漫画のようで、ちょっと大げさ
だけれど、眞琴ちゃんとのラブラブっぷりは観ていて幸
せになれるわ。3巻ではもう半歩の踏み込みに期待ね!

アレサ:私は2点。物語の印象が少し薄いと思う。学
園コメディとしての方向性(笑わせるのか、
ドラマにするのか)が定まっていないように思えるね。
新キャラの登場で流れを換えられるかな。

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「やまンこ!」1

« 「蒼穹のカルマ」8 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/54521180

この記事へのトラックバック一覧です: 「やまンこ!」2:

« 「蒼穹のカルマ」8 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »