2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「こいごころ-短編作品集-」 | トップページ | 「アキラとひより」上 »

2012.04.04

「魔法少女まどか☆マギカ」6

いよいよ最終巻
魔女"ワルプルギスの夜"がついに出現する。ほむらは
単身、魔女に戦いを挑む。そして、まどかの選択した行
動とは・・・。

鑑賞後の第一印象は・・・5巻から一気に鑑賞すれば良
かった、とちょっと後悔。楽しめましたが、「百合」と
しては"確信"が欲しかったです。

最終巻まで観て、この作品って「舞-HiME」にも似てい
ると思いました。魔法少女=HiMEとすると同じ構図にな
るし、最強の少女が「次の世界」を産むという概念も似
ています。
大きな違いは「舞-HiME」は最後までシリアスで貫かなか
った
のに対して、この作品はシリアスに徹した所だと言
えましょう。

また、「魔法少女」という存在に対する、「畏怖を込め
たオマージュ」
という意味では伊藤ヒロ著のラノベ「ア
ンチ・マジカル~魔法少女禁止法~」
という作品も彷彿
とさせました。
# 「アンチ・マジカル」には"上位の存在"になった魔法
# 少女も登場しますし。

「百合」的には・・・やはりまどかとほむらがメイン。

12話のまどかとほむらのシーンは泣かせますね。ですが
・・・冷静に考えると、ほむらからまどかへの想いの強
さとまどかからほむらへの想いは必ずしも釣り合いがと
れていない
ような印象を持ってしまいました。

まどかはああいう決断をしたわけで、ある意味、生きて
いる間から達観したわけですよね。
一方、ほむらは、あくまでまどかという一人の少女への
想いを募らせる
・・・。どことなくすれ違いを感じます
よね。

個人的にはそのすれ違いに焦点を当ててもっと切なげな
味付けにして欲しかったと思います。

しかし、観念的なシーンの美しさやSF的な考察は間違い
なく面白かったと思うし、当初の予想以上には楽しめた
と思います。

まだ劇場版もあるようだし、まだまだ「百合」的に期待
できそうなのも良いですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。あと、もう半歩欲しかっ
たわ~。ほむらちゃんへの想いへの応えと
して、まどかちゃんの行動は必ずしも正しくないのよね
・・・。でも、これはきっと伏線!劇場版はきっとやっ
てくれるわ!!

アレサ:私は3点。まあ、かなり話題になった作品
だけど、飛び抜けて傑作でもない・・・と
思うんだよね。でも、宣伝の上手さや、キャラと表現の
面白さ、終始シリアスに徹するなど、アニメ作品として
一目置かれる存在になったのは納得できる。
正直、少しモヤモヤが残っているけど、劇場版はもっと
スッキリさせてくれると期待している。

総評:●●●●○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「魔法少女まどか☆マギカ」1
「魔法少女まどか☆マギカ」2
「魔法少女まどか☆マギカ」3
「魔法少女まどか☆マギカ」4
「魔法少女まどか☆マギカ」5

« 「こいごころ-短編作品集-」 | トップページ | 「アキラとひより」上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/54391931

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法少女まどか☆マギカ」6:

« 「こいごころ-短編作品集-」 | トップページ | 「アキラとひより」上 »