2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「おしおきっ!」 »

2012.06.18

「輪るピングドラム」7

「少女革命ウテナ」の監督・幾原邦彦氏が手がける新作
アニメの7巻(19~21話)

お話は・・・高倉兄弟の真実が語られる3話。そして、
さ3人は家族の形態を解くことになる・・・

鑑賞後の第一印象は・・・シリアスでなかなか魅せる
内容なのですが、やはりちょっと気になるところも。

まずお断り。前巻に引き続き、今回も「百合」要素はあ
りません(汗)

さて、内容は高倉兄弟3人の真実が語られます。

「少女革命ウテナ」でも一見○○の関係のキャラクター
が実は○○という設定が多かったので、個人的にはあま
り驚きませんでした・・・というか1話からそれを匂わ
すシーンがあったので、やっぱり、という感じでしたね。

でも、実際に見せられるとやはりインパクトのある展開
だったと思います。

ただ、ちょっと引っかかる部分も。

この作品は現実的でもあり、ファンタジー的でもある不
思議な演出が多いのですが、「ウテナ」の世界観だった
ら納得できるのですが、この作品の場合少し違和感があ
ります
ね。

一人の能力で運命や世界を変えられる、という世界観な
ので、あり得ると言えばそうなのでしょうが、誰かの能
力で非現実的な事柄が発生しているというのは、どうも
引っかかるのですよね。

ミヒャエル・エンデの「モモ」の「時間貯蓄銀行」のよ
うな形而上的な設定ではあるのでしょうが・・・

このあたりの疑問が、最終話までに氷解するのでしょう
か・・・

「百合」的には特筆すべき点は何もありませんが(汗)
多蕗とゆりのヨリが戻りそうなのは注意すべきですね。
(それより前に二人とも無事なのでしょうか??)

次はいよいよ最終巻
なんだかんだで最後まで楽しめそうです。

総評:保留

このシリーズの感想はこちら。
「輪るピングドラム」1
「輪るピングドラム」2
「輪るピングドラム」3
「輪るピングドラム」4
「輪るピングドラム」5
「輪るピングドラム」6

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「おしおきっ!」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/54998567

この記事へのトラックバック一覧です: 「輪るピングドラム」7:

« 先週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「おしおきっ!」 »