2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「侵略!?イカ娘」5 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

2012.06.14

「誰よりも優しいあなたのために」

あきさかあさひ・著、一迅社J文庫・刊

本日はこのラノベの感想。久しぶりにアタリかなと思っ
て買いました。

お話は・・・21世紀中盤。人類は未知の宇宙生物に侵略
され、日本以外の地域との連絡が取れない状態だった。
この局面を打開するため、研究所で育てられたサイコド
ライブ・チルドレン。主人公・メイもそんな子供の一人
だった。ある日、メイは一般の部隊(十七小隊)に配属さ
れ、そこではじめて仲間の暖かさを知ることになる・・
・という内容。

読後の第一印象は・・・「百合」的にはガチではないも
のの、予想通りの美味しさがありました。しかし、ノベ
ルとしては少々難有りの部分も・・・

未知の侵略者と戦う少女たち、という設定はラノベでは
「EGコンバット」「ストライクウィッチーズ」など、
枚挙にいとまがないほど、名作がありますよね。
しかも、「百合」との親和性も良好なので、「百合」的
には期待されるジャンルと言えましょう。

この作品もそういう内容です。

ただ、どちらかと言うと、戦いのシーンよりメイと仲間
とも関係に重点が置かれている感じです。

それは良いのですが、戦いのシーンはちょっと突っ込み
どころ多い
ですよね。特に最後の戦い・・・(汗)

まあ、個人的には「百合」なら文句は言わない主義です
が、どうせなら、もう少しラノベとして読ませる展開に
して欲しかったです(汗)

さて、「百合」的には・・・
主人公・メイと十七部隊で出会った少女パイロットであ
る、みまりとの関係です。

人の温かに触れたことのなかったメイはすぐにみまりに
なつくのですが、メイは特殊な生まれの娘であり、その
特殊性でいつ死ぬか判らないと自覚しており、みまりと
の関係を儚いものとして捉えている・・・という心中の
描写は良いと思います。

ラストもメイとみまりを中心に描かれますし、ある程度
「百合」を意識した内容であることは間違い無いです。

ただ・・・どうせならもう少し踏み込んで欲しかった、
という印象もしました。
もう少し踏み込んでいたら文句なく、「百合」的に絶賛
できたのですが・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。惜しかったわ~。「百合」
としては期待は裏切らないけれど、もう一
声欲しかった
わね。でも、こういう設定の作品を、戦い
よりも人の暖かさを描くことに重点を置いて描ける作家
だから、次回作も「百合」に期待したいわね!

アレサ:私は2点。このテーマは名作が多いからそ
れらと比べてしまうとどうしても・・・ね。
ただ、戦い一辺倒ではないところは独自色だと思うし、
文章の丁寧さも好感持てた。私も次回作に期待。

総評:●●●○○★★☆

« 「侵略!?イカ娘」5 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/54962389

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰よりも優しいあなたのために」:

« 「侵略!?イカ娘」5 | トップページ | 先週入手した物件+検索順位 »