2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「輪廻のラグランジェ」1 | トップページ | 「その花びらにくちづけを あなたと恋人つなぎ」 »

2012.06.26

「羣青」中

中村珍・作、小学館IKKI COMIX・刊

先日最終巻が発売されたので本日は中巻の感想です。

お話は・・・依頼殺人をしたレズビアン(レズさん)と、
夫を殺す依頼をした女(メガネさん)、二人の逃亡劇を
描いた作品。中巻では冷たい雨に打たれる中、レズさん
は兄とコンタクトを取る。兄は一時的に二人を匿うが
レズさんの元カノの事故死を利用して自首することを
促す。二人の間にある苛立ち、悲しみ、孤独・・・

読後の第一印象は・・・今回も濃厚です。漫画としての
パワーをビシビシ感じますね。

この作品って、お話自体は重いのだけど、写実的な絵と
"へな絵"のコントラストが絶妙なリズム感を持っていて
スラスラ読ませてくれますね。
そういう意味では漫画としてのパワーが誌面からにじみ
出ているような印象です。

内容としては上巻よりも舞台が絞られます。二人の行動
と、その背景描写を淡々と進める一方、時々、二人の
心理の核心に迫ったような描写やセリフが入ります。

写実的な背景描写に気持ちがそれる・・・と思うとグッ
引き締めるような演出は相変わらず巧いですね。

さて、「百合」的には後半です。

レズさんは死んだ元カノの指輪を受け取り、数日中の
自首を決意します。メガネさんは自身の生まれの孤独感
からくる子供のようなワガママさを見せる一方で、ホテ
ルのメモ用紙に綴った自分の本心と、元カノの指輪で動
揺を見せます。

このあたりの二人の駆け引きは、今回最大の見どころと
言っても良いでしょうね。

さて、次回、いよいよ最終巻。二人の間の溝は埋まるこ
とがあるのでしょうか。それとも・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。前巻より「百合」的には
見所は少ないけれど、この重さがなんとも
気持ち良いのよね。同性を好きになる破滅的な重大さ
ドキドキさせるのよ~。

アレサ:私は3点。それにしても重いけど軽やか
よね。不思議な漫画体験をさせてくれる作
品だと思うなあ。全ての「百合」好きに勧められる作品
ではないけど、こういう作品もアリだと思う。

総評:●●●●○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「羣青」上

« 「輪廻のラグランジェ」1 | トップページ | 「その花びらにくちづけを あなたと恋人つなぎ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/55059613

この記事へのトラックバック一覧です: 「羣青」中:

« 「輪廻のラグランジェ」1 | トップページ | 「その花びらにくちづけを あなたと恋人つなぎ」 »