2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第1巻 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」1 »

2012.10.03

「百合男子」1

倉田嘘・作、一迅社百合姫コミックス・刊

本日はこの作品。
「百合」界最大の問題作(?)です。

お話は・・・花寺啓介には隠れた趣味があった。それは
「百合」。この作品は啓介が「百合」で苦悩する姿を描
く物語である!(?)

読後の第一印象は・・・「百合」好きなら誰しも感じた
ことがあるであろう、感情を実に巧く表現しています。
しかし、それゆえに反感を抱く人も多そう。

それにしても、倉田嘘氏はチャレンジャーですよね。
「百合姫」で男性主人公の作品を描くとか。

しかし、今考えるとこのテーマの作品を掲載できるのは
「百合姫」しかなかった
のかもしれません。

一般のオタク向け漫画誌でやってもサマになりませんよ
ね。そういう漫画誌の読者層は啓介のような感情を持っ
たことはないだろうし、この作品で展開される「百合」
談義はかなりマニアックなので、ついてこれる読者は
ほとんどいなかったのではないでしょうか。

「百合姫」の読者だからついてこれるし、それゆえに
反発も受ける。

まさに問題作。

# 啓介だけではなく、彼の周りの「百合」模様を描いて
# いるという点で"配慮"も感じますけど(汗)

個人的には「百合フェス」の後、男5人で集まるエピソ
ードがとても好きですね(汗)
ネット上の「百合」議論ネタを持ってきているのですが
「オクターヴ」の評価の別れ方がとてもリアルで可笑し
いです。
(私もネット上のどこかで健司のような意見を読んだこと
があります)

また、積極的に一迅社以外の作品を出しているのも個人
的には好感が持てます。
「百合」コンテンツはかなり盛んになってきていますが
動向をまとめるような試みはまだでてきていないですよ
ね。
「BL」は研究本とか多く出ていますし、「百合」も誰か
が出版社の垣根を超えて欲しいと思います。

さてさて、内容的に思う所も多いですが、個人的には
「百合」のボーダーラインの問題とか、70年代の少女漫
画における「百合」
とかもっともっとマニアックなネタ
が展開されることを期待したいです。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。メタ「百合」漫画として
は面白いけれど、ガチ「百合」部分はまだ
序盤といえるわね。2巻に期待だわ。

アレサ:私は3点。面白かった。出るべくして出て
きた問題作とも言えるけど、倉田先生が感
じたプレッシャーは想像するにあまりある。
こういう作品に反感を覚える人の気持ちはわかるけど、
私としてはこういう作品があって良いと思うな。
あとはどこまで深く掘り下げられるか・・・この作品の
存在価値はその深さに比例する
と思う。

総評:●●●○○★★★

倉田嘘氏の作品の感想はこちら。
「リンケージ」
「それでもやっぱり恋をする。」

« 「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第1巻 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/55808243

この記事へのトラックバック一覧です: 「百合男子」1:

« 「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第1巻 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」1 »