2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「純潔ロマンス」 | トップページ | 検索順位 »

2012.12.06

「ニーナとうさぎと魔法の戦車」6

兎月竜之介・著、集英社スーパーダッシュ文庫・刊

お話は・・・人間が持つ魔法力によって戦車が動くとい
う世界が舞台。主人公ニーナと私設戦車隊・ラビッツの
活躍を描くシリーズ6作目
アンフレックの町に世界的な歌姫・リディアと彼女の楽
団がやってくる。ラビッツの一同もコンサートに出演す
ることになるが、リディアには秘密があった・・・とい
う内容です。

読後の第一印象は・・・今回も残念ながら「百合」要素
はありません
が、なかなか読ませる、渋い内容でした。

このシリーズは「百合」要素がある時と無い時があり、
"ある時"はかなりアタるので、期待していたのですが、
・・・結果から言うと今回も「百合」要素は皆無でした。

ラビッツの5人組のチームワークや家族的な描写は、今回
も健在なので、全くハズレというわけではないのですが、
4巻と比べると「百合」的には残念と言わざるを得ません。

しかし、話はなかなか読ませます。
物語世界は"冷戦状態"の直前の雰囲気を醸しだしており、
その中で暗躍するスパイと世界的な歌姫、という素材が
ロマンチックですよね。
しかし、このシリーズは今までも結構過酷な展開をして
おり、今回もその点では外しません。

しかも、毎回英雄的活躍をするラビッツですが、今回は
中心的な活躍もできません。そういうのがとてもリアル
で、渋い展開だと言えます。

まあ、ラノベにそういう渋さは不要かもしれませんが、
文章も段々良くなっているし、読ませる内容だったと思
います。

でも・・・次は「百合」ものを是非・・・(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは1点。今回も残念ね・・・。まあ
エルザちゃんとクーちゃんの掛け合いが読
めるだけでも幸せだけれど。

アレサ:私は2...3点。まあ、一般的なラノベ読者
層にはウケなさそうだけど、その渋さが面
白かった。それにしてもコメディ部分とシリアス部分の
落差が激しいね、このシリーズ。

総評:●○○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」2
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」3
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」4
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」5
漫画版の感想はこちら。
「ニーナとうさぎと魔法の戦車」1

« 「純潔ロマンス」 | トップページ | 検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/56266324

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニーナとうさぎと魔法の戦車」6:

« 「純潔ロマンス」 | トップページ | 検索順位 »