2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「戦国コレクション」vol.09 | トップページ | 「輪廻のラグランジェ season2」2 »

2013.01.29

「水色エーテル」

黒霧操・作、一迅社・百合姫コミックス・刊

本日はこの作品。短篇集ですが100ページ描きおろしとか
なかなか気合が入っています。

ではでは、一作ずつ感想を書かせて頂きます。

「春待メランコリィ」
中学卒業を迎えたひと美といち子の物語。これぞ古き良
き「百合」
という感じの作品です。爽やかな印象の裏に
重い感情があって、でも、伝えられない切なさ。あと、
絵も、このお話にとても合っていて、完成されています
ね。百合姫大賞はダテじゃないです。

「この胸の花」
結花の祖母・みつが語る、恋物語とは・・・。おお!
この作品も「百合」好きの好みを熟知している感じです
ね。祖母の経験したエス関係と当時の女性の宿命だった
結婚、そして、結花と恋人・小夜との関係のコントラス
トが見事です。こういうお話は個人的には大好きですが
もう少し掘り下げたら大傑作になりそうな予感もします
ね。

「ココロペンダント」
豊と愛梨は親友同士。しかし、愛梨に男の恋人ができて
しまう・・・。「好き」という言葉の違いは「百合」も
のでは王道のテーマですよね。しかし、このお話のすれ
違いはあくまで残酷で切ないです。絵は綺麗なのに「百
合」好きならこの残酷さとのギャップにグッとくるでし
ょう。

「嘘吐きミルフィーユ」
千里と男嫌いだという、美しい友人・葉子の関係を描い
た物語。うう、この作品は「百合」好きにとっては痛い
ですね。千里が本気っぽくないのが唯一の救いかも知れ
ませんが・・・。

「水色コットン」
ピアノとヴァイオリンでアンサンブルを組んでいた幼い
怜美と空の物語。うう、この作品も切ない~。物語につ
いてあまり多くは語られないですが、テーマである、空
色がとても鮮やかに見えるのが素晴らしいです。

「真珠の泪」
美波と人魚のさらさの物語。あまり深くはないですが、
ロマンチックさが良いですね。でも、人魚とどうやって
付き合うのかを考えると夜も眠れません(汗)

「月の欠片、刹那と永遠」
幸子と瑞紀は恋人同士だったが、幸子は東京で芸能界デ
ビューすることに・・・。うう、このお話もトコトン切
ない~
。最近の「百合」ものはハッピーエンド展開が多
いので、この作品集の物語は結構痛く感じますね。
ただ、「百合」もののお約束としてハッピーエンドが多
くなっている昨今、古き良き「百合」作品を彷彿とさせ
る作風で、アンハッピーな物語を読むと、ちょっとはっ
とさせられます。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。うう、痛いわ~。でも、
この痛みこそ「百合」ものの一つの側面
もあるのよね。最近ちょっと忘れていたわ。でも、乙女
チックでロマンチックな作風がわたくし好みなのよ。
・・・わたくしのイチ押しの作品は「水色コットン」
しら。切ない空色のイメージが心に残るわ~。

アレサ:私は3点。最初は「百合」初心者向けに良
いんじゃないかなとか思っていたけど、
これは初心者には重いね。でも、「百合」好きの好みを
理解した上でこの痛さを表現しているのがポイントだよ
ね。・・・私の好みの作品は、やっぱり「この胸の花」
かな。個人的には傑作だと思った。

総評:●●●●●★★★

« 「戦国コレクション」vol.09 | トップページ | 「輪廻のラグランジェ season2」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/56655719

この記事へのトラックバック一覧です: 「水色エーテル」:

« 「戦国コレクション」vol.09 | トップページ | 「輪廻のラグランジェ season2」2 »