2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「まんがの作り方」5 | トップページ | 「ゆるゆり コミックアンソロジー」2 »

2013.04.03

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第6巻

小林立原作の「咲-Saki-阿知賀編」のアニメ版。第6巻
(11,12話)。

お話は・・・独走状態の宮永照。対する3校は絶望的な
状況の中、静かなる共闘するしかない。果たして宮永照
に一矢報いることができるか・・・という展開。

鑑賞後の第一印象は・・・麻雀を打っているだけの作品
なのですが、演出の凄さ、展開の意外性(?)で楽しめま
した。「百合」的には・・・もう少し欲しいですね。

なんというか、演出が魅せますね。

この作品では当然なのですが、改めて、麻雀打っている
だけなのに、超常的現象が発生したり、過去の感動的な
エピソードが語られたりの演出が凄いです。

恐らく、麻雀を打っているのを観ている観客からすれば
静かに打っているだけに見えるのに、この内面の演出の
壮大さ・・・改めて「咲-Saki-」って凄い・・・と思い
ました(汗)

今回のメインもなんといっても園城寺怜ですね。
1,2巡先が読めるという能力は思ったより無力で独特の
孤独感と悲壮感みたいなものを持っていますよね。

「百合」的にも怜は期待できるキャラなのですが、ここ
のところ竜華とセーラと3人で中学からの馴染み、とい
う描写が多くて、「咲-Saki-」としては「百合」度が高
いとは言いがたい状況です。

ただ、竜華から見た怜が描かれていないので「百合」的に
化ける可能性はまだありますが。
(この作品のカップリングの見事さから言えば、期待せ
ざるをえないですよね)

ところで、花田煌が意外と良い見せ場があるのが良かっ
たです。この作品のキャラの扱いの巧さをよく表してい
ると思います。

それにしても、新道寺女子の他のキャラの言葉遣いが
妙に笑えます。(私の故郷に近いので・・・この作品を
読むまで新道寺という地名自体を知りませんでしたが)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3...2点。怜ちゃんと竜華ちゃん
はとても好きだけれど、見せ場が少なかっ
たわね・・・。それだけ本篇が盛り上がっているという
ことなのだけれど・・・。でも、まだまだ期待するわ!

アレサ:私は3点。麻雀を打っているだけなのに、
この演出、というのはこの作品のお約束だ
けど、今回はかなり秀逸だった。負けている3校が疎に
静かに、共闘するというのも面白い展開だった。

総評:●●○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第1巻
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第2巻
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第3巻
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第4巻
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第5巻
アニメ版(第一期)の感想はこちら。
「咲-Saki-」1
「咲-Saki-」2
「咲-Saki-」3
「咲-Saki-」4
「咲-Saki-」5
「咲-Saki-」6
「咲-Saki-」7
「咲-Saki-」8
「咲-Saki-」9
原作の感想はこちら。
「咲-Saki-」1
「咲-Saki-」2
「咲-Saki-」3
「咲-Saki-」4
「咲-Saki-」5
「咲-Saki-」6
「咲-Saki-」7
「咲-Saki-」8
「咲-Saki-」9
「咲 阿知賀編 episode of side-A」1
「咲 阿知賀編 episode of side-A」2,3
他メディアの感想はこちら。
CDドラマ「咲-Saki-オリジナルドラマ第1局」
CDドラマ「咲-Saki-オリジナルドラマ第2局」
CD「咲らじ-清澄高校麻雀部-疾風編」
「咲-Saki- ラブじゃん」
小林立作品の感想はこちら。
「FATALIZER」

« 「まんがの作り方」5 | トップページ | 「ゆるゆり コミックアンソロジー」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/57100239

この記事へのトラックバック一覧です: 「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第6巻:

« 「まんがの作り方」5 | トップページ | 「ゆるゆり コミックアンソロジー」2 »