2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ゆるゆり♪♪」3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」2 »

2013.04.24

「ふ~ふ」1

源久也・作、一迅社百合姫コミックス・刊

本日はコメントのリクエストにお応えして、イチャイチ
ャものを選んでみました。(2巻が発売されたというのも
ありますが)

お話は・・・「百合」カップルである寿実と喜菜々が
小さなアパートで同棲を始めるところから始まります。
二人と他の住人たちの甘々生活を堪能する日常系コメデ
ィ漫画です。

読後の第一印象は・・・かなり甘みが強い作品で「百合」
的には満足できそうですが、コメディとしては好き嫌い
ありそう
な所もありますね。

多くの「百合」ものでは二人の気持ちが通じ合い、カッ
プル成立でハッピーエンドという展開が多いのですが、
主に同人誌などでは甘々な描写のみで進行する作品もあ
あります。

この作品は商業誌でそういうジャンルに挑戦した内容と
言えなくもないですね。ただ、同人誌と違って商業誌は
1話完結でイチャイチャだけというのは(エロ以外では)
やりにくいので、日常系コメディ漫画にするという選択
肢は正当なのでしょう。

・・・が、ただでさえ似たような作品が多い日常系で、
しかも、出来上がったカップルの描写という(ある意味)
制約がある中で余程のコメディセンスがなければ長続き
は難しだろう・・・という予想もできますね。
# 実際、この作品のコメディ部分は好き嫌いが分かれそ
# うではあります。

「百合」的には・・・寿実と喜菜々のイチャイチャを軸
に、同じアパートにやってくるはやせと小麦カップルや、
喜菜々の姉・嘉菜々と白雪という3カップルが描かれます。

寿実×喜菜々とはやせ×小麦はどちらかと言えばわかり
やすいイチャイチャカップリング。嘉菜々×白雪は意外
ドラマを感じさせる出会いがあったりして、アクセン
トをつけていますね。

それにしても3カップルとも、まあ・・・なんとも幸せそ
うで、眼福に尽きます(汗)
正しい「百合」ファンの鑑賞法が理解できている方なら
ニヤニヤできること請け合いです(汗)

そうそう。この作品はあえて性的な関係を避けるような
普通に考えたら不自然とも思える部分があります。

このあたりも賛否あるでしょうね。しかし、作者の考え
「百合」としてのボーダーラインはここなんだという
明白な表明でもありますし、どうしてセックスしないん
だ?という疑問はヤボとしか言いようがないですね(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。うう~。みんな幸せそう
で羨ましいわ~。ニヤニヤが止まらないわ
ね~。吉屋信子先生と門馬千代さんもこんな清らかなラ
ブラブ生活をしていたのね!

アレサ:すごい飛躍するなあ・・・っと。私は3点
まあ、同人誌のように投げっぱなしができ
ない商業誌で、こういう作品を連載するのはある意味、
挑戦だよね。個人的にはスイプリの響と奏みたいな喧嘩
早いけど、ラブラブカップルとか見たいな。

総評:●●●●●★★★

« 「ゆるゆり♪♪」3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/57235421

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふ~ふ」1:

« 「ゆるゆり♪♪」3 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」2 »