2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「輪廻のラグランジェ season2」6 | トップページ | 「しまいずむ」2 »

2013.04.16

「ささめきこと」9

いけだたかし・作、メディアファクトリー・刊

「百合」的に名作と思える作品の最終巻はなかなか読め
ず、レビューまで時間が掛るのですが、この作品もそう
なってしまいましたね(汗)
では、9巻(最終巻)の感想です。

主人公・村雨純夏と彼女の想い人、風間汐を巡る学園
ラブコメ・ガチ百合作品です。
9巻は・・・前巻で汐に告白した純夏。お互いの心が通
じ、晴れて大団円・・・とは行かず。二人は家族から理
解を得ようとするが・・・。そして、時は流れ、二人は
卒業の日を迎える・・・

読後の第一印象は・・・単なる「百合」コメディではな
大作漫画的な演出がとても良いです。感無量です。

普通の「百合」漫画では二人の気持ちが通じ合ったら、
そこでハッピーエンドという内容が多いですが、この作
品の面白いところは、純夏の父親への説得や、汐の祖母
への挨拶みたいな地味なエピソードをちゃんと描いてい
ることですね。

ビアンものの小説では家族との関係を描かれるとかなり
重~い展開をすることが多いのですが(汗)この作品はそ
の点で言えば「百合」の範疇を越えていません。
(良い事か悪いことか一概には言えませんが)

あくまで一般的な儀礼・慣習として家族への説得や挨拶
のシーンを入れるのは個人的にには「めぞん一刻」など
の展開を思い出しますね。

それだけ「百合」というジャンルではなく、一般作たろ
うとする姿勢
が面白いと思いました。

「百合」的には純夏の汐への想いが切々と語られるシー
ンが実に良いです。一見ノロケですが、純夏が語ると妙
に重いものに感じられるのが個人的には好きですね。
長い間他人には言えなかった思いの重さが伝わってき
ます。

相変わらず汐から純夏への想いが語られることは少ない
のが残念ですが、クラス中に知れ渡った二人の仲が皆に
祝福されているのを見ると、それは些細なことにも思え
ました。

そして最後は・・・
泣けるというより、幸福感に満たされるラストシーン
したね。

ハッピーエンドは意外と心に残りにくいのですが、この
作品は記憶に残りそうなラストだったと思います。

それにしても9巻。色々ありましたが、最後までしっかり
描いていたし、初期のコメディ色から後半のドラマとし
ての重み付けにも成功していたと思います。

まさに「百合」好きで良かったと思える大団円でした。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしはもちろん5点!!この作品は本当に
色々あったわね。でも、このハッピーな大
団円が見られて幸せだわ~。純夏ちゃんと汐ちゃんの将
来も観たいわ~観たいわ~。いつまでもお幸せに!

アレサ:私は3点。最近はアニメ化すると尻すぼみ
する漫画も多いけど、この作品は自分を見
失うことなく、しっかり最後まで描ききったという感が
強いね。いけだたかし先生本当にお疲れ様でした。

総評:●●●●●★★★

この作品の感想はこちら。
「ささめきこと」1
「ささめきこと」2
「ささめきこと」3
「ささめきこと」4
「ささめきこと」5
「ささめきこと」6
「ささめきこと」7
「ささめきこと」8
アニメ版の感想はこちら。
「ささめきこと」1
「ささめきこと」2
「ささめきこと」3
「ささめきこと」4
「ささめきこと」5
「ささめきこと」6
その他のメディアの感想はこちら。
「ささめきこと オリジナルドラマCD 純夏の一番長い日」

« 「輪廻のラグランジェ season2」6 | トップページ | 「しまいずむ」2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/57188551

この記事へのトラックバック一覧です: 「ささめきこと」9:

« 「輪廻のラグランジェ season2」6 | トップページ | 「しまいずむ」2 »