2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「桜Trick」1 »

2013.05.13

「ちろり」2

小山愛子・作、小学館・刊

お話は・・・文明開化の横濱。モダンなカフェ・カモメ
亭で働く女給・ちろりと店主のマダム、そしてお客様
たちの織りなす叙情的な物語。第2巻

今回は年末から冬のエピソードです。

読後の第一印象は・・・序盤が良い!後半は何故か1巻
の最初のような雰囲気に戻ります。

この作品1巻の後半からちろりとマダムの仲睦まじい描
が多くなり始めるのですが、2巻もその傾向が続きま
す・・・いや、より強くなります。

特に第8話「初景色」第9話「冬眠る」第12話「ビス
キット」
は「百合」ファンなら必見です。

この3つはちろりとマダムの仲睦まじい描写がメインの
エピソードなのですが、もう仲睦まじいを通り越して、
初々しいカップルのラブラブを描いている
ようにさえ思
えます(汗)

本当にガチか?!と勘違いしそうなイキオイです(汗)
この作品は盛り上がるとサイレントになるので、その演
出も妄想に火を焼べます(汗)

ガチではないという点で、よくある萌え4コマと本質的
には近いのかもしれませんが、ちろりとマダムの二人だ
けの関係が濃厚に描かれる
という点ではよくある萌え4
コマを凌駕しているとも言えます。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。ちろりちゃんとマダムの
中の良さにポヤポヤしちゃうわ~。これで
ガチなら・・・と思うのだけれど、この作品はこれで良
いのかしらね。

アレサ:私は3点。ある時は漫画的だったり絵画的
だったり、ノンフィクション的だったり
サイレント映画だったり、といろいろな表現を見せてく
れるのが楽しいよね。また、個人的には叙情的過ぎず、
あくまで登場人物の周りの風景として時代を描いている
のも良いね。叙情的過ぎたら他人ごとっぽく思えるから。

総評:●●●○○★★★

« 今週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「桜Trick」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/57379007

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちろり」2:

« 今週入手した物件+検索順位 | トップページ | 「桜Trick」1 »