2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「green.」 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」4 »

2013.05.29

「やまンこ!」3

井冬良・漫画、雑破業・原作、電撃コミックス・刊

お話は・・・音々子は山猫憑き(やまンこ)の少女。興奮
すると耳やしっぽが生えるのを恥ずかしがっていた。
ある日、背が高いが大人しい少女・眞琴と出会う。眞琴
は音々子の山猫憑きを中和する体質があった!という
「百合」コメディ漫画です。

3巻は最終巻。眞琴は音々子が巨乳好きになったと勘違い
したことをきっかけに、今度は音々子が眞琴の胸を意識
し始めるが・・・という展開。

読後の第一印象は・・・「百合」コメディとして成立し
ていますよね。「百合」的には存在感が薄いですが、
かなかの良作
だったと思います。

なんというか作画が丁寧になったような印象です。

1巻はもっと荒いタッチだったような気がしますが、3巻
はさっぱりしましたね。恐らく、3巻のタッチの方が大多
数の読者は綺麗に見えると思います。

また、2巻はゲストキャラのりんが立ちすぎていて、音々
子と眞琴の存在感が薄かったのですが、3巻は転じて、
人がちゃんと主人公
しています。

あと、なんといっても最初から最後まで音々子と眞琴の
ラブコメ
になっているのが良いですよね。少年漫画のラ
ブコメでは、ほとんど相思相愛なのに最後の一線が超え
られないという展開が多いですが、この作品もそういう
雰囲気です。よくある少年漫画のラブコメのような必然
性がないくせにどぎついエロ描写がないのも良いと思い
ます。

誤解したり嫉妬したり確かめ合ったり、みたいな二人の
心の通い合いがちゃんと描かれているのが嬉しいですね。

もともと突飛な設定の作品で、2巻までは眞琴が女の子で
ある必然性を感じませんでしたが、3巻はちゃんと女の子
に見えました。(あの風貌に慣れただけかもしれませんが)

まあ、本当に、地味な作品ではありますが、「百合」的
にはなかなかの良作ではないでしょうか。
「百合姫」作品のような濃い口の「百合」作品の箸休め
としておすすめしたい作品です。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。3巻はとても良かったわ~
少年漫画的なラブコメではあるけれど、ち
ゃんと「百合」していたもの!

アレサ:私は3点。音々子と眞琴が主人公していたの
が良いよね。2巻まではあえてガチ「百合」
にしないようなコントロールを感じたけど、3巻は本当に
「百合」コメディだったと思う。

総評:●●●●●★★★

このシリーズの感想はこちら。
「やまンこ!」1
「やまンこ!」2

« 「green.」 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/57486269

この記事へのトラックバック一覧です: 「やまンこ!」3:

« 「green.」 | トップページ | 「ひだまりスケッチ×ハニカム」4 »